病院に通ってダイエットに成功する

ダイエットに成功するポイントは病院に通うことです。テレビやインターネットには様々なダイエット法が紹介されそのたびに注目を集めていますが、やり方を自己流に解釈すると痩せないばかりか体を壊す恐れがあります。ダイエット外来は、肥満を医学的な観点で治療するので健康を害することがありません。計画は専属医師が作成して、無理のないプログラムを実施します。指導されたように食事を制限したり運動を続けたりできない場合は、医師が相談に乗ります。孤独を感じないので励みになり、自信がない人は入院して甘えを許さない環境を希望することも可能です。過激なメニューではないので痩せるまでに時間はかかります。ほとんどは6ヶ月間通って成果を実感し、効果が出ない場合は医師が再び計画を作成します。その間は治療費を払うことになり、保険が適用されるかどうかで負担も変わります。しかし病院では痩せて太らない体質を作るので、リバウンドの心配がありません。最初の6ヶ月を一生懸命頑張れば、その後は効果の真偽の分からないダイエットを繰り返す必要はありません。ダイエット外来では、肥満治療を目的として薬を処方してくれます。食欲を抑制したり脂肪燃焼を促進したりする医薬品です。日本では医師が処方するか個人でインターネットを通して海外から輸入するしかありません。個人輸入は世界中の出回った偽薬を購入するリスクがあるので、専門知識が豊富な医師から処方される方が安全です。ダイエットでストレスが最も溜まるのは、食べたい気持ちを無理やり押さえつけることです。薬を服用すれば自然と空腹時間が短くなり食事量が経るので、ストレスを最小限に抑えてダイエットに挑戦できます。

ページの先頭へ戻る